記事一覧

【MUGEN】雑記

◆現状

 ■Part1(vsサラシナ)~Part100の時点での「対戦回数が酷かったランキング」をまとめ動画にするべく、ランキングに載ったキャラクター達の動画を集めた。

 順位は66位までであり、同位であるキャラを含めると合計で「73体」居る事が分かる。

 これらを一つの動画にまとめるには結構な時間が掛かると思う。

 どういう形式にするかも特に決まっていないし。 

 動画編集はそこまで凝った事は出来ないし、よくある月刊ランキングのようなまとめ方も出来ない。

 Part69までのランキングのようなやり方になるかもしれない。
 
 最近はスナップ写真と動画をフェードさせて何かしらすることが増えたので、今回はそれを使うことになるか。

 動画容量は20分で収まればいいかねって程度。 

 そして問題は、これをニコニコ動画にもアップロードするか否かって話。
 正直言っちゃえば身内ノリですよねこれ。

 
 ○モの悩みどころ。



 

 ■式OR2メモ

【虎落笛A】
 Bとは違い、ホールドしないと浮きが低くコンボの拾いが難しい下段技。
 Bよりは攻撃の発生が早く、ヒット後の式の移動距離もBより短いため、2Bからギリギリ拾える。 (特殊受け身には気を付けること)

 4C(中段技)から使うと中段から下段へとガードを少し揺さぶる事が出来る。
 ちなみにAIは虎落笛Aに結構引っかかる。

 式OR2の通常攻撃は基本的に下段攻撃が多いので、2B > 4C > 虎落笛A ......というように狙ってみると効果はあるかも。
 ガードされても相手の後ろへスライドしていくので反撃されにくい技でもあります。
 反撃されるとしたら虎落笛Aを出した瞬間辺りで無敵技で反撃に出てくると思います。

 ホールドすることで「同技補正」から抜け出すように、【A版 / B版 / C版】 と別技になる。
 なので、【H623A > 5B > 623B > アドバンスシフト > H4C > H623C > .......】というコンボをやっても同技補正の効果を受けずにコンボが可能になる。

 ※同技補正:一部の技を一度のコンボに連続で使うと補正が厳しくなってしまい
  後の攻撃のダメージが落ちたり、ダウン状態からコンボを拾えなくなったりする仕様。
  過去の式ORのように同じ必殺技だけでコンボを完結させる事が出来ないようになっている。

 
 虎落笛A始動のコンボ例
【623A > 通常開放 > 5B > 623B > ADS > H4C > H623A > 623C > 2C > 5C > 22C > 236Aスカシ > H236A > 5B > (Chance) 236C〆】
626ダメージ

 この虎落笛A始動は着地狩りする時に使うのがいいかも。

2B 2C 5B 5Cを駆使してリミットを微調整すれば236A〆で553ダメージくらいになり、ゲージも温存できます。
ちなみに236AとH236A(2段目)は別の技扱いらしいので補正は普通みたいです。

 フレイムアップと隠しナイフコンボは相性がいい。


【生アドバンスシフト(ADS) or フレイムアップ(開放)の選択】

 生アドバンスシフトの利点欠点:ゲージを少し増加させる効果あり、ブレイズゲージ増加スピード最速。 コンボ中一度のみしか使えない。
 フレイムアップの利点欠点:アドバンスシフトを二回使える。 式ORの最大ゲージ数が3ゲージになる(ゲージ効率が上がる) 生アドバンスシフトよりもブレイズゲージの増加スピードが遅い。 解放時の判定を相手にヒットさせるとコンボ補正が+10%加わる。


 使う直前に当てた攻撃によって使い分けるという選択でいいかと思う。

 例えば、さっきの「虎落笛A」は、アドバンスシフトでコンボを始めるよりはフレイムアップでしっかりコンボとして拾うほうがおいしい。
 直前の攻撃が「虎落笛B」だった場合はアドバンスシフトからコンボをしたほうがブレイズゲージの復帰速度も速くなる上に無駄なコンボ補正もかかっていないので、フレイムアップよりもダメージが美味しい。

 
 基本的には生アドバンスシフトを使うほうのコンボを選びたいところ。


 ブレイズアップ(最大解放)は相手にトドメを刺す時に使ったほうがいい。

 相手によってはフリックガードを使いブレイズゲージを早めにチャージしきる事も可能なので、相手によっては欲張ってブレイズアップを使う等の事が出来ます。

 
 
 【22C > 236Aスカシ > H236A .......いつ使うか?】

 式OR2の前の段階である「式OR」では大ダメージを出すために重要なコンボパーツでしたが、式OR2になってからはそれ以外の新技のほうでダメージが伸びるようになったため活躍する場が減りました。

 ならばいつ使うのか。

 

 このコンボパーツの利点は「コンボリミット値の増加は少ないのにダメージは大きい」という点。
 
 生アドバンスシフトを使ったコンボをする時なんかは重宝します。 解放状態になったわけではないのでコンボリミットの最大値は100までなんですし。
 かといってフレイムアップで拾った後にやるにしてもコンボ補正が厳しいのでダメージは微妙になります。

 基本的にはアドバンスシフトから使うのが好ましいかも。

 もしくは「立ち回り強化」を目的とした最大解放の「ブレイズアップ」中に使うとか。
 さっきも書きましたけど、236A*3 と H236Aは別技みたいなので、H236Aを先にやれば同技補正をかけずにコンボが出来ます。

 
 ちなみにフレイムアップ時の最大ダメージコンボはこのコンボパーツが含まれています
 【H4C > H623A > 解放 > 5B > 623B > ADS > H4C > H623A > 5B > J236A > ADS > 22C > 236Aスカシ > H236A > 5B > J63214A > 5B > 236A*3 > (Chance) 41236C〆】
  (753ダメージ)


 現状の式OR2の最大コンボとなるコンボパーツなので、ブレイズアップして使うと更に強力になる。

  【H4C > H623A > 解放 > 5B > 623B > ADS > H4C > H623A > 5B > J236A > ADS > 22C > 236Aスカシ > H236A > 5B > J63214A > 5B > 236A*3 > (Chance) 41236C〆】
(925ダメージ) ※(最大ダメージ[924]を更新)


 こうしてみればわかると思いますが、ダメージを与える分には今回もナイフからの鐘楼すかしは効果ありみたいですね。

 
 
【J5A固め】

 式OR2のJ5Aはガードされても着地するまで連打し続ける事が出来る。
 この攻撃は空中ガード可能ではあるが、J5Aをこすることで相手より先に着地出来るようになる。

 なのでこのこすりと虎落笛Aの着地狩り狙いは相性がよさげだったりする。

 

【立ち下段攻撃の隠しナイフB】
 何気に立ち下段。 しゃがみガードした状態のAIに投げつけても効果は無いけど、立ちガードしているAIには効果的なAI殺し。
 隠しナイフAよりも硬直が長めなのか虎落笛Bが間に合う。

 行けると思ったら虎落笛なりダッシュで追いついて5Bで拾うなりしてもよさそう。


【式OR2の最大ダメージ量】

これまでは924が最高だったけど、ついさっきのすかしコンボが怪しかったから探ってみたところ、925ダメージになりました。
これが式OR2のコンボの限界値っぽいですね。
もしくは923ダメージ。 ここらへんですね。

 どっちにしろ実用的な狙い方が出来る技ではないです。 決まったらその日は赤飯炊いてもいいです。




■大雑把なコンボ集
【虎落笛A > 解放】
4Cの中段からも繋がる、中段をガードさせて本命はこちらってパターンもあり。 4Cから虎落笛Aという意識をすり込ませて、実は虎落笛Bを出してますってのも対人なら役に立つか。

【虎落笛B > 最大解放 or アドバンスシフト】
虎落笛Aとは違ってしっかりと浮くので最大解放も繋がるし、次の解放のために温存してアドバンスシフトを選択してもおいしい。

解放コンボ中の二度目のH4C > H623Aで相手を通り過ぎてしまうって時は↓
【H4C > H623A > 623C > 2B > 2C > 5C > 22C > 236Aスカシ > H236A ....】と繋げるのがよさそう。

ナイフが無い場合は63214系でテキトーにつなぐのも手。 出来れば隠しナイフは所持した状態を保つべし。

大雑把というか作りが雑なコンボ集なので、重要なコンボが抜けています。
例えば、相手の飛び道具がこちらの飛び道具で打ち消せる場合に役立つコンボパーツ↓
【22A > H623A > .....】
Iwakick氏のMvC2勢の開幕バクステ狩りにも役立ちます。

遠くで相手が何かしようとしている時にちょっかいを出すような感じですかね。

■よく使う基礎コン
【2B > 2C > 3C > 623B > 2C > 5C > J63214A > 236A*3 > 2B > 2C > 5B > 5C > J236A or J236B】


鍋の〆はラーメンみたいな感覚で受身狩りしてますが、これも相手の行動によります。 
受身しなかった場合は起き上がりの辺りでめくり、めくりからの空中ダッシュで裏から表へとか、そういった揺さぶりが出来たりする。

相手の遠距離からの攻撃を飛び越えて反撃する際に使えるコンボ
【J5C > 5B > 5C > J236B > 623B > 5B > J63214A > 236A*2 > 214A > 2B > 5C > 623B〆】

 
〆は236Cで終わらせるよりは同技補正で空中受身が早く取れるようになっている623Bで済ませたほうが優位に事を進められそう。
虎落笛Aは着地狩り向きなので、活躍させる場の一つでもあるか。
J5B始動でも似たような事が出来るものの、その場合は623B > 5B >(ここ) の辺りでコンボレシピをちょっと弄る必要がある。
と言っても別にリミットオーバーしないうちに236Cで〆して、起き攻めに精を出すという事をしてもいいわけですが。
自分は対人対人とばかり書いてますが、私自身は対人戦でMUGENやったことが無いので的外れなことを書いているかもしれないですね。

■解放時の立ち回り強化(ガード不能付加)を使ってのコンボ(式OR2のアビリティの一つ)

【H5C(ガード不能) > ADS > H623A >........】
起き上がりに合わせる、リーチもあるので相手が起き上がる位置から遠い場所で振りかざしてみるのも強いか。

【236A > H236A(ガード不能) > 236B > 214C > J5B > J5A > J22A > 5B > 5C > J236A〆】
ブレイズゲージが切れた後も相手によっては受身狩りでさらに追加ダメージが狙える。
あくまでもガー不技としてこの技を選んだ場合というだけです。 

【H623A(ガード不能) > 5B > 5C > 22A > 236Aスカシ > H236A > 5B > J63214A > 5B > 236A*2 > 236B〆】
クリティカルブレイズの効果でそれなりにダウン時間が取れるので虎落笛を振るチャンスに。
虎落笛Aは最大まで溜めても下段攻撃だけど、虎落笛Bは最大まで溜めると中段になる。
いっそのこと思い切って虎落笛Bを使って下段か中段かのジャンケンに持ち込むか、虎落笛Bを中段にさせるように見せかけて虎落笛Aを使って痛い目を見させるか、という手もありはする。
まあ、ブレイズゲージが残ってて解放中の場合はH虎落笛Aでいいんですけど…。



AI作ってみたいですねー。 そんな技術持ってないですけど。



 ひとまず、ランキング動画は後日に(本編もしばらくは休み。※MUGEN投稿者にとってのしばらく休み)
 ランキング勢の動画は集まったので、今度はリクエストされているキャラ達を集めないといけませんね。
(雑魚氏パッチの霊夢から下まではまだDLしていません。)

 
 OR2シリーズは本当に何でも出来そうに思えてくるからおススメですし、受け身狩りや着地狩りの意識も掴めますし大抵のキャラのコンボのダメージを伸ばす方法の掴み方も学べます。 必殺技のコマンドも難しくないですし。

 扱いの難しさは個人的に
 (使いやすい < 普通? < 難しい
【式OR2 < さつきOR2 < 琥珀OR2】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上手に墓が焼けました

Author:上手に墓が焼けました
①MUGEN(両儀式OR+α vs ○○)のプレイヤー操作(上手に墓が焼けました)

②大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS&WiiU勢(ヤケイシ / Hakaishi)
【ヤ ケ ク ソ ニ ッ ク】

③その他(サカバ)

ここは主にMUGEN関連の投稿が多いです。