記事一覧

両儀式OR+α vs ○○ Part81「起源」の途中経過報告の場+スマブラ同時進行

完成しました(2015/10/24 AM02:05)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm27434933
毎度のように前置きの製作内容。

①.M3氏作の両儀式OR、更新+再公開。

やったね。 

更新によって出来るようになったこと
1.「鐘楼・清姫通し」でダウンさせて起き攻めにガード不能を狙える環境が出来た?
2.「無明の月飛燕」(立て!)で空中を舞ったナイフを拾えるようになった。(B版はLimitが12に減った)
3.「直死の魔眼・七景終落」がダウン中の相手にもヒットするようになった。
4.アドヴァンスシフトを使用することで200%のゲージの内、25%のゲージ回復が付加。
5.EX隠しナイフ → BE236A(236HA) を行った後に「無明の月飛燕」を当てても受身可能時間が短縮されなくなった。


更新によって出来なくなってしまったこと
1.ダウンしっぱなしの相手に2Bが当たらなくなった。
2.Limit Over時に「直死の魔眼・七景終落」が入らなくなった(不具合だったらしい)


清姫通しはブレイズチャンスになった時、生当てした時(160ダメージ)とほぼ変わらないダメージ量になる。
双ね鐘楼・数珠連ねで120いくか行かないかなので、結構万能。
AI戦だと、受身を学習して数珠連ねを使用して、受身した所に空ガ不能な攻撃を当てるのが良さそう。
受身をしない場合は全部 清姫通しで済ませてしまってよさげ。

無明の月飛燕でナイフをキャッチ出来るようになった。
…使い勝手はどうだろうか…? どこか使いにくいけど。
かっこいいコンボ探しのパーツになりそう。
と思ったら、飛燕の性能が変化してて疑似10割狙いが出来る事が分かった。

アークドライブがダウン中の相手も拾えるようになった。
これはダウンしっぱなしの相手に2Bが当たらなくなった代わりについたんだろうか。
ダメージ量はダウンしていようが変わらず、死の線が表示されて、そのまま直進して斬るようになる。
なお、清姫通しもダウンを拾える。

アドヴァンスシフトを使用して、25%のゲージ回復が出来るようになった。
ガンガン使ったほうがお得になるように。
保身を取るか、攻撃を取るかで使い方が変わる。

今までは EX隠しナイフ → BE236Aから飛燕に繋げていた時、相手の空中受身が可能になる時間が短縮されコンボが出来なくなっていた。
しかし、何故かそれが無くなった。(使わないから構わないんだけれど)

しかしマイナスな面もあるので、強化だけされたわけでもない。
…不具合の調整をしただけか。


②シオン好きの名無し氏作 リーズバイフェの使用

格ゲーやりにきてる、カラーが「白」なので、ちょいとキャラその物が気になっていたり。(カラーテーマ的に使える)
少ないヒットで結構なダメージを与えられるという、自分らが使ってたキャラの中では珍しく、スッキリとした感覚。
近と遠で通常技の性能が変化するのが未だに慣れない所。
やってて簡単な相手に使うと丁度良さそう。
画面端でノーゲージ5割超出せた。

3ゲージ技でHPが7割以上吹っ飛ぶ+コンボ補正ゆるい→10割可能。
簡単にコンボで繋げてみるだけでも983ダメージ行ってしまった。
自身のHPが3割以下になることで発動可能らしい。 台殴ってもいいですか…?

③恵曇愁子 オーバーヒートの空中ダッシュと空中ジャンプで遊ぶ。

遊べては無い。
J5Y → J5X → 66 → J5X → J5Y これがめちゃんこ難しい。
コレが出来なければノーゲージからオバヒ発動させて10割をしにいけない。
個人的に因果桜砲もいいけど、オバヒの天地無用も好き。
63236Yから空中ダッシュ可能で、
J5Zの踵落としで叩きつけて強制的にダウンさせて、そこからめくった状態でガードを揺さぶったりとか出来たり。


④M3氏作 式ORの新技と新テク使用したモノ

見たまんま。技やボタン配置さえ覚えれば簡単だと思う。
移動起き上がりなどには通じない。
特殊受身なんてされたら怒る。
ブロッキング持ちなどにも使えない。
出来ればいいだろうなぁという程度。

決まると10割っぽい。 
しかし始動が始動なだけに、狙えるかと言われたら微妙なモノ。


⑤PotS氏作リュウ、殺意、マスター

リュウ:2ゲージの暗転で相手の攻撃を避けて反撃出来るのを知る。

殺意:EX上段足刀蹴りが無い代わりに強竜巻旋風脚→弱昇竜拳→波動拳とやってコンボしていく。
   滅・波動拳のコストが3ゲージと痛い所だけど、ゲージ効率がいいのでさほど気にせず。

マスター:こちらもEX上段足刀蹴りが無い。 中竜巻旋風脚→弱昇竜→波動拳とやる。 
     電刃波動拳が使えるので、1ゲージ消費で済む。
     何気に瞬獄殺のコマンドをしっかりこなせたのは初である。






【Part81の相手】

①カンフーマン(口水軒氏AILv5 / 世紀末小パンスイッチ-1 / 挑発スイッチ0)

②Yoroshisan氏作 クローンヤクザ(12P / 1Rにつき50体の討伐でクリア)

×③SHELD氏の超ベジット 1P でづこ@にょ氏AI 状態変化使用不可5 AI回避レベル1 ラウンド3覚醒なし 体力自動回復なし バリアインパクト封印
(動画の使用不可、作者へ問い合わせた所ダメになったのでコレは無し。)

④1/8192氏作 スタン (リュウセイ氏AI / クリティカル率2 / フラッシュガード率5 / ダメージブレイク率0 / PS版皇王天翔翼2 / ゲーム難易度6 / 灼光バグ及びPS版皇天翔翼使用可否2)

⑤シオン好きの名無し氏作 マッスルボマー風シオン (BGM:スタン・ハンセンのテーマ曲「Sunrise」)

リベンジ企画⑥? Iwakick氏作 スパイラル (デフォAI / モード2)



①カンフーマン vs 両儀式OR(P)
(口水軒氏AILv5/5 / 世紀末小パンスイッチ-1 / 挑発スイッチ0)


39戦目にて終了。
後隙のある攻撃をろくに振らない上に、なかなかジャンプもしないので空ガ不能も使えず。
そして守りも堅く、ガード漏れも起こらなかった。
しゃがみ小パンが入れられてしまえば、画面端まで運んで行って通常コンボ。 
これが異常にダメージ量が多くてびっくりする。
コンボ補正は無いのか。
最初はリュウで挑むも、反撃主体で行けない上にブロッキングしてようが全体Fの暴力で隙そのものが見つからず
愁子で挑むも、切り返しに困るうえにリュウ同様に全体Fの暴力で隙そのものが突けず。
そういうことで、式ORでプレイ。 最初からやれって話だけど。
下段中K? の後隙を狩るには式ORのリーチが無ければきつそうだった。

反撃主体という立ち回りでAI戦に臨んでいる理由は「相手が堅実すぎて、こちらから攻めても超反応で切り替えされるだけに終わるから」という、単純なもの。
対人向けキャラと称されるモノやAIは、基本そういった堅実さを、ある程度は抑えてくれているという。

そういった時はガンガン攻めていきますよ。 その方が楽しみ方の幅が増えますし。
今回のカンフーマン戦は、「ガードで堅実に固まりすぎる」という点を突いて
ブレイズアップからBE236A始動 > 鐘楼・清姫通し〆 > BE236A始動起き攻め > 鐘楼・清姫通しを多用しました。

起き攻めにガード不能を当てていくという夢が叶いました。


MUGEN入門編でお馴染みのカンフーマンですよ。
めちゃんこ強かった…。 
カンフーマンの強味である超優秀な小パンの執拗な攻めに肉弾戦はお手上げですよ。
しかもガードをミスしない。後隙自体が少ない。 あってもリーチが足りずに狩れない事が多い。
AIもカンフーマンの強味の活かし方がエグいエグい。
たしかに、林団子氏のプレイヤー操作でカンフーマンがエルクゥを突破しているのは見ているので
強すぎて驚くということにはならなかったです。 あの人もヤバい。

むしろ、「ウワーウワーウワー」以外のボイスがあったという事実のほうに驚いたよ。

しかも当身学習をしているのか分からないですけど、小パン誘って当身とかが通用しなかったですね。
これにも大いに苦しめられましたね。

こういった超反応には反撃で潰しにかかるか、ガード不能を被せるに限る!
ガー不までは学習してこなかったようでした。


②Yoroshisan氏作 クローンヤクザ(12P / 1Rにつき50体の討伐でクリア)

7回目の挑戦で達成
式ORの持つシステムである「ジャンプキャンセル」をうまい具合に使って、なるべく隙を作らないように動く。
画面端でJ5Cと2Aをしていればある程度は楽。
傭兵などの攻撃判定のまま動き回れるタイプのキャラでやってみると爽快。
地味に下段でダウンさせられたり、集団攻撃で固められたりするのがいやらしかった。
ガードの方向も曖昧でしたし、まぁ画面端でやってたらガードせずとも戦えたのでそこまででもないかも。


今シリーズ初のミニゲームだったかなぁ。
ジャンプキャンセルでアクション力を養うことは出来たんじゃないだろうか?
ブロッキングしてくる相手に対してもジャンプキャンセルは可能なので。
ざっけんなコラー!


④1/8192氏作 スタン vs 両儀式OR(P)
 (リュウセイ氏AILv11/13 / クリティカル率2 / フラッシュガード率5 / ダメージブレイク率0 / PS版皇王天翔翼2 / ゲーム難易度6 / 灼光バグ及びPS版皇天翔翼使用可否2)


142戦目にて終了。
主人公! 主人公だ!
ちなみに、何かしらヒットすればそこからコンボが始まる上に、この設定だと永久的にコンボしてきます。(ステート丸ごと奪う)
相手を捕まえられたらほぼ勝ち確なのかも。
さらっとガード不能攻撃が固め中に飛んできているっぽいのが酷い。ガードなんて知るかと言わんばかりです。

完璧にオワタ式、何かが刺されば即終了のデスゲーム
さらにガードすらしてても攻撃が貫通してくると来た。 守ってちゃあ勝てない。
攻撃が繋がりまくるのもあって、どれが中段でどれがどこまで下段なのか、なんてのもあまり知る事が出来なかった。

今回は、一定の距離で使用してくる「魔神剣」などを空中ダッシュで飛び越えたりして攻めていくことに。
何度も繰り返して対決していると、「一定の高さから着地すると着地隙が大きく出来る」という点に気付く。
その着地隙は乱舞系の技を使用した後のバックステップにも起こるので、それも殴っていったり。

昔から動画で見てきたスタンとは思えないくらいダメージ量が多かったので、非常にびっくらこいた。
なんつう設定だ…。

…今回のサムネは彼に決まりかもね。  


うぅうううううああああああああああ!負けられないんだ!!(10割)

MUGENで見るテイルズ勢の中でも好きなキャラ。
勝ち方が圧倒か、逆境からの大逆転なのが多く、まさに主人公だと思える。
灼光バグ再現は最初は笑いながら「くwwwwwだwwwwwけwwwwwちwwwwwwれーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
とか言って楽しんでましたが、だんだん疲れてくると「あぁ…これから死ぬんやな」と諦めモードのスイッチが…。

大体の攻撃からこれが入ってコンボ開始は確実だったり。 すんごいキツイザンス…。
格ゲーというかアクション?
最初は頭身の関係でイス氏の藤原妹紅で行こうかなと、思ってたりしたんですけど(鳳凰や炎繋がりでもあったし)
しかし「最近は藤原妹紅使いすぎじゃないか…? すぐに頼ってしまってないか?」
と思い始めて(弾幕七夜やラミアスカーレットなどで連続使用。)、式ORで行けはしないか模索してた。
すると色々出てくる出てくる。 なんとか突破することが出来ました。
空中受身を確実に取ってたという段階で「あ、これイケルな」と判断しました。

ガード不能攻撃であろうがガードのまま固まってくれるのを知った時点でガッツポーズ取ったり。
スタンらしい画も撮れたかね?


⑤シオン好きの名無し氏作 マッスルボマー風シオン vs リュウ(P)
 (デフォルトAILv11/11 / その他デフォルト[全補正オン])
(BGM:スタン・ハンセンのテーマ曲「Sunrise」)


リュウを使用して57戦目にて勝利。
マッスルボマー特有の若干リーチを長く感じる牽制の蹴りだったり、挙動が若干早いのでゲームスピードも若干速かったり
勝ってたと思ってたら、仕様のせいで一瞬でHPの差が縮められていたりと、油断ならないアレンジになってる。
過去に対決した、ですからー氏ボス軍団の時のアストロなどと同じシステムを持つ。

挑発すると投げ技の威力が少し上がる
システムで我慢補正がある。
攻撃がヒットしていない状況だと、攻撃力が上がり続ける、最大1.9倍で、最小1倍(相手との体力状況によって変動)、大体15秒程で最大値まで貯まる(相手との体力状況によって変動)
攻撃がヒットしない限り、ガードされても貯まったカウントはリセットされない。
体力差補正もある、自分と相手の体力状況によって攻撃力が増減。

他にもまだシステムはあるけど、まとめると、持ってるシステムが全部「攻撃力が増していく」モノ。
最初は真・昇龍拳を狙っていってたんですが、思った以上に飛び込みが早いので決めにくく、強昇竜拳で妥協してしまいました。
やたら飛び込みが早いのが特徴なのかな、見てからブロッキングをやるには少々手こずりそうな速度でこちらへ蹴りをかましてくる。

対処方法は考えずとも、いずれ勝てるくらい。格ゲーとしてしっかり遊べるモノでした。
57戦という数字は、見栄を張って大技をぶちかまそうとして失敗し続けた数でした。


格ゲー出来た。 
書いている通り、ゲームスピードが若干早い。 
飛び込み自体が早いから、やってて目まぐるしい試合展開に見えた。
見てる側はどうかは分からないけど。 すごく楽しみました。

スタンの後に出てきたキャラのBGMが「スタン・ハンセンのテーマ」なのが面白かった(小学生並みの感想)

条件を満たした際の爆発力はすさまじいモノ。 ここだけ見たらヤバい奴に見える。
でも全体的に見たら良心的なものだった。 登場イントロ製作予定なのかな。 


リベンジ企画⑥? Iwakick氏作 スパイラル vs 両儀式OR(P)
               (デフォAI / モード2)


192戦で終了。 相変わらず「ひどすぎわろた」と言わざるを得ない強さと酷さ。
前回挑んだ時は、ストライカー無しのモード1でした(反撃の隙が無さ過ぎて当時は無理だと思ってた。)
今回はザンギエフとセイバートゥース?が居るタイプのモード2。
セイバートゥースの効果は仲間を呼んで射撃する。 これはセイバートゥースが声を発しきれば発生保障となり、射撃係はセイバーが食らっていようが射撃する。
ザンギエフは斜め上へのジャンプ。 そこからこちらを掴んで地上に向かって叩きつけるように投げる。
多分ダンシングソード(スパイラルが周りにまき散らした剣の事かな)を飛び越えた先にザンギエフが飛んできて対空をこなすんだろう。
そしてそこからダンシングソードが刺さり、コンボ開始。 
ザンギエフの使い方はそれだけではなく…、なんと自身の肉体で相手を本体へ押し出すことによって、永久コンボを可能にしてしまうという。
ザンギエフがポーズを取った瞬間に式が内側に押されているのが分かればそれでいいかなぁ。

さて、対処方法は、前回同様の「ジャンプして剣を出した所を殴っていく」というやり方で行けるわけですが…。
前回との違いとして、「スパイラルが跳ぶ瞬間にストライカーのセイバーを置いてワープ潰しを邪魔してくる」という点があります。
しかしそこには、セイバートゥースは「仲間に命令をする前に殴られたら仲間を呼べずに役目を終えてしまう」という弱点があります。
そして式ORの「ジャンプキャンセル」というシステム…。

あれ? ストライカー殴ってすぐにワープを潰しにいけるんじゃないかこれ?

そういう気付きもあって、なんとかそれを使って勝利をもぎ取った。

…何か次のリクエストでもリベンジで今度は「シルバーサムライモード2」とか来そうなんだよなぁ…。
どうやれば突破できるかすらも湧かない。


リベンジたっせーい!
妹紅だして空中戦しようぜ!と悪魔が囁いてましたが知るかボケリベンジすんぞオラァ!と天使の囁きもあって式ORで。
…弾幕やっばいじゃないですかー! これのせいで前の時はモード1だったのに…。
あの頃とは違い、PCも軽いので当身を割り込ませる事も可能ではありますが、いかんせんリスクが高い。
取ったモノ次第では隙にしかならないので。
そもそも、リベンジ戦やる前の動画で式OR使ってたのに、いざリベンジする時に別のキャラ出すってどうなのよ?

もはや意地。 ラストアークで状況をリセット出来るのは大きい。
やっぱIwakick氏のキャラは怖い…。

「対戦回数が酷かったランキング」では、スパイラルが23位 スタンが33位。  いずれもランキング入りを果たしました。
…このランキング要るかなぁ…。 いつの間にか取り始めてたけど…w


なお、使用した曲はコレでした。 タイトル映してもたどり着きにくいだろうし。






同時進行でスマブラ4やってたぞー


今回は8個のリプレイで出来上がった。
暇だと思ったら眺めてはいかがかね。
スポンサーサイト

コメント

No title

…ハンセンのテーマってことで次回更新時には入場イントロ追加してエーテライトでKFM叩かせようかと思いついたでございます

Re: No title

> …ハンセンのテーマってことで次回更新時には入場イントロ追加してエーテライトでKFM叩かせようかと思いついたでございます

ww

No title

いやー、今回は(今回も?)お疲れ様でした。
並み居る凶キャラどもを的確に分析して僅かな隙を突いていく戦いぶりにいつもワクワクしています。

コロッサスのモード2は苦戦するのであればタイトル未定の人を参考にしてみるのもいいかもしれません。
ベノムでモード2を破っています。

ランキングは眺めていると凄まじい強敵達だったなあ……と感慨深くなるので
自分はあると嬉しいですね。

Re: No title

> いやー、今回は(今回も?)お疲れ様でした。
> 並み居る凶キャラどもを的確に分析して僅かな隙を突いていく戦いぶりにいつもワクワクしています。
>
> コロッサスのモード2は苦戦するのであればタイトル未定の人を参考にしてみるのもいいかもしれません。
> ベノムでモード2を破っています。
>
> ランキングは眺めていると凄まじい強敵達だったなあ……と感慨深くなるので
> 自分はあると嬉しいですね。


コロッサスはモード2のキケンな所として、「サノスの攻撃で動きを止められて手痛いコンボを叩き込まれる」という点があります。
これをどうにかしない事には始まらないんだとは思っています。 情報感謝です!
Iwakick氏のキャラは全体的に開幕でバクステを取る傾向にあるので、そこを突けたらなぁと思っています

超反応

AIレベルというのをなくしていますので
最善の行動を取るよう記述しています。
相手の超反応に対してはこちらも1Fワープで逃げるようにしています。

基本的にアシストのガンで牽制しつつ安全な空中で剣装着を見事に狩られた形になります。
おみごと

コロッサスはジャガーノートとの同時上下段がきついかと思います。

またいつの日か新しいマブカプキャラが完成した時はお願いします。

Re: 超反応

> AIレベルというのをなくしていますので
> 最善の行動を取るよう記述しています。
> 相手の超反応に対してはこちらも1Fワープで逃げるようにしています。
>
> 基本的にアシストのガンで牽制しつつ安全な空中で剣装着を見事に狩られた形になります。
> おみごと
>
> コロッサスはジャガーノートとの同時上下段がきついかと思います。
>
> またいつの日か新しいマブカプキャラが完成した時はお願いします。

うおお、視聴ありがとうございました。
ジャガーもですけどサノスも怖い所…。頑張ります。
はい、その時はよろしくお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上手に墓が焼けました

Author:上手に墓が焼けました
①MUGEN(両儀式OR+α vs ○○)のプレイヤー操作(上手に墓が焼けました)

②大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS&WiiU勢(ヤケイシ / Hakaishi)
【ヤ ケ ク ソ ニ ッ ク】

③その他(サカバ)

ここは主にMUGEN関連の投稿が多いです。